ホーム>GLASSEYE BLOG

GLASSEYE BLOG

超音波カッター、インプレッション

2019531161759.jpg以前使っていてあまりいい思い出がなかった超音波カッター。

先日又、買ってしまいました。

 

以前の物は、木片などの加工に使うつもりで購入しました。

しかし、実際に使ってみると、短時間ですぐに熱を持って止まってしまうなど使い勝手は想定外に悪いものでした。メーカーに問い合わせたりもしましたが、結局その程度のものとのこと。熱が冷めるまでの時間が長くストレスばかりが溜まった為、結局お蔵入り。引越しの際に廃棄物として処分してしまったものでした。

 

 

2019531163328.jpgほとぼりも冷めた頃、もしかして最新型は改良されているかもしれない

などの淡い期待もあり、再度購入。

以前には無かったノコ刃があったのも魅力でした。

一枚¥2500と高価なノコ歯。ロッドブランクを詰めるのに使えるかと期待したのですが、これがまったく切れませんでした。

表面にキズが付く程度で発熱して通電停止。

中空グラスの薄いブランクが切れずになにを切るものかと思ってしまいました。ちなみに木棒も焦げるだけで、結局切れませんでした

 

201953116455.JPG性能は以前と変っていないことが解ったので、今回はあまり期待せず気長に使うこととしました。

熱を持たないよう、持たないように力をかけずに切る・・・・・。

そんな矢先、思わぬ用途が!

 

左の画像は古いスレッドを切取って、ガイドを外しているところです。

この作業、以前はスレッドを固めたエポキシをドライヤーで熱して、やわくなったところをカッターナイフで削ぎ取っていました。

熱し方が弱いと硬くて削れないし、あまり熱するとブランクに悪い、で結構大変な作業でした。

ところがこの超音波カッターを使ったところ、ビックリするほど簡単になってしまいました。

ガチガチに固まった古いエポキシとスレッド、熱しなくてもサクサク切れてしまいます。

これだけでもこのカッター、買ってよかったと思っています。

パックマン(BF仕様)できました!

永らく欠品してましたパックマンのバットフェルール仕様ができました。

当社ハンドルどれでも装着可能、仕舞い寸法38cmは旅行にも携行し易いサイズです。

パックマンロッドとハンドルを一緒にご注文で、オリジナルウッドプラグがサービスです。

 

2019418111715.jpg

*注:画像のハンドルはシュープリームハンドルのスーパーショートです。パックマンは通常のシングルハンドル装着で5フィートの長さになります

 

201941715447.jpg

 

 

 

パウダーコーティング

本日はアルミハンドルとマグネシウムハンドルにパウダーコーティング(粉体塗装)を施しました。

カラーはフロッグスキン、緑ベースのいい色です。

 

フロッグスキンの粉末を静電気でアルミ表面に貼り付け、窯にいれて180度で20分焼付けます。

201932017433.JPG2019320174341.JPG2019322151254.JPG

粉体塗装は一度の塗装で150ミクロンの塗膜(液体溶剤の4~5倍の厚み)が得られます。さらに塗膜自体の強度が極めて高いため、キズがつきにくく、耐熱性・耐油性にも優れています。その為、ガードレール、スチール家具など、過酷な使用状況を予想される製品に多く利用されています。

オーダーロッド2種

201931215159.JPG

本日出荷分のロッド2本

共にチューブラーグラスBF50ML

別々のご注文ですが

スレッドの色だけ違う仕様でご友人同士だとか。

 

 

 

 

 

201931215239.JPGブランクはブラックですが、スレッドが真反対色。

こうやって一緒に画像に収まるといい感じです。

きっといつも一緒に釣に行っているんでしょうね。

 

ロッドも共に、末永く使ってやってください。

 

 

 

 

2019312151211.JPG

ハンドカーブ・ガングリップ

201934124959.JPG久々にハンドカーブウッド製作

スーパーショート3個にフルサイズ1個

おおまかに刃物で削った後は

ひたすらサンドペーパーで磨きます。

 

まず#100からはじめて、次が#230、#320、#400

と段々と細かい目のペーパーに。

最後は#800のサンドペーパーで仕上げ。

 

201934125922.JPGチークオイルで磨き上げて完成となります。

ちなみにフルサイズはウォールナット材、

スーパーショートはチーク材から削り出しました。

 

左の画像、エルゴノハンドルとオールアングルハンドルに

スーパーショートを付けました。

サピエンス全史

 遅ればせながらサピエンス全史を読んでいます。著者はイスラエルのユヴァル・ノア・ハラリ。

世界的なベストセラーなので読んだ方も多いのではないでしょうか。

前から話題になっていたのは知っていたのですが、ついつい先延ばしに。

そんな時、同じ作家の「ホモデウス」という本が出版されました。

こちらのほうが興味があったのですが、前作の続編?らしかったので、サピエンス全史を読み始めた次第です。

歴史好きの私としては目から鱗の部分が多く、就寝前の嬉しい時間が持ててます。

2019227111152.JPGサピエンス全史要約

【私たちホモ・サピエンスがどのようにして食物連鎖の頂点に立ち、そして文明を築いたのかを歴史的に解明する

歴史の道筋は、3つの重要な革命が決めた。

7万年前の「認知革命」、1万年前の「農業革命」、500年前の「科学革命」

現生人類とよく似た動物がはじめて地上にあらわれたのは、およそ250万年前のことだった。そして10万年前の地球には、少なくとも6つの異なるヒトの種が存在していた。しかし、現代まで唯一生き延びた人類種はホモ・サピエンス、すなわち私たちだけだ。つい最近までサバンナの負け組だった私たちの種が、なぜ生態系に大惨事をおよぼすほどの影響力を持つようになったのか】

ハンディーチェーンソー使ってみました。

今回のスペシャルアイテムは最近手に入れた工具です。

ボッシュ・ハンディーチェーンソウ。

よく見るチェーンソウは両手で操作する発動機付きの物。

13日の金曜日、ジェイソンの凶器としても良く知られてます。

ところがこれは充電式で片手で操作できる超コンパクト。

201912417158.JPG                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

さすがボッシュ発想が素晴らしい!いいところに目を付けました。

ハンドカーブのウッドグリップ加工に使えるかと期待を込めて購入。

 

早速試したところ、ちょっと残念な事態が。

思ったほど切れないのです。

圧倒的に力不足。

グリップの素材が硬いからかもしれませんが、私の仕事には使えそうもありません。

おそらく安全面を考慮してのパワー設定だとは思うのですが

2019124171050.JPG201912816648.JPG期待しすぎた私も悪かったのですが残念でした。

ただ、他のこと(植木の枝落とし等)には充分使えそうなので、念のため。 

 

今回はハズレでしたが、常にアンテナを張って、新しい道具や素材を捜すのは大事なことです。                               

3.5フィート、超ショートロッド

2019122115335.jpg3.5フィート(107cm)のトップスプークが完成。

107cmの内ハンドル(シュープリーム、ショートコルク)が約20cmあるので

ロッド部は87cmという超ショートです。

アクションはUL(ウルトラライト)とのご指示でしたので、おそらくバス用ではなくトラウト用ロッドなのだと思います。

最近こんな遊び心満載のオーダーロッドが増えてきました。

20191221239.JPG201912212355.JPG

201912212659.jpg今回のご注文もロッドとハンドル一緒の注文なので当社オリジナルウッドプラグをサービスさせていただきました。

 

 

Today's Special itemボーマーベイト

ボーマー社は第二次大戦後の1946年にできた比較的新しい会社です。

戦後というとルアーもウッドからプラスチックに変って量産された時期となります。

ボーマー社のルアーも御多聞にもれず、1949年頃からプラスチック化されてきました。

今回のルアーはボーマー社の短かったウッド時代の物。

箱からすると1947年から1949年の2年間に作られたボーマーベイトです。

20181228174218.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初期のボーマーベイトは電信柱の端材、コンロの金具、ペーパークリップ、で作られていたそうです。

画像のボーマーはさすがに電信柱ではなく、ノーザン・ホワイトシダー製です。

20181228175256.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッド時代の箱は味があっていいですね!

20181228175433.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Today's Special item-1

このブログに新しいカテゴリーを作りました。

私が気に入ったものを紹介するコーナーです。

名付けて、"Today's Special item" 今日の特選品。

ジャンルは問わずに良いものを・・・・・・・。釣具以外の物もあるかも。

 

そこで一回目は、やはりビンテージルアーから

20181220172449.JPG

                                                                                                                                                                                                        

 

サウスベンド社のジョインテッド・エクスプローラー、

1950年代のルアー。

すごく可愛い顔をしてます。

20181220172919.JPG                                                                                                                                                                                                                         テールというかリップはサウスベンド得意のハンマードリップ

70年近く経過してるルアーなのに程度は最高、箱もついてます。

20181220173357.JPG

     

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム