ホーム>GLASSEYE BLOG

GLASSEYE BLOG

トラウト用超ショートロッド

2017102616014.jpg

本日完成のロッド。

ソリッドカーボンで90cmという超ショーとロッドです。

グリップを装着した状態で4フィート以内というご指定でした。

繊細なティップを持つバット径が4mmという極細のブランクですが、結構パワーはあります。

バス用でなく、おそらくトラウト用に使用すると思いますが、楽しそうなロッドです。

あまりに短いので通常の竿袋でなく手縫いの袋となりました。

2017102616172.jpg20171026161745.jpg

 

ハンドカーブ・スーパーショート

20171018184854.jpg

本日製作、ハンドカーブハンドル、スーパーショート。

当社、ストレートのシュープリームハンドルで作りました。

2017101819154.jpgグリップ部の素材はウォールナット、

75mmのスーパーショートです。

ヘッド部は3本ツメタイプでロッドは脱着可能です。

2017101819122.jpg

2017101819433.jpg握った感じはなかなかシックリときます。

ソリッドグラスのウルトラライトを付けたら面白そうです。

近日発売予定です。

Newオールウッドハンドル(シングル)

2017101518848.jpgNewタイプのオールウッドハンドルを3本作りました。

今回はセミダブルでなくシングルタイプです

素材はウォールナットでオイル仕上げとなっております。

 

3本それぞれに木の目や色そして重量も違います。

画像を見て気に入ったものをご購入ください。

ロッド取り付け方法は3本ツメとなっております。

 

20171015181635.jpg

EMG・マグネシウムハンドル

2017104134556.jpg

 

 

当社のマグネシウム製EMGハンドル、

ブランクのみで79g。

これは樹脂製のハンドルも含めて、

おそらく世界最軽量だと思います。

 

 

 

 

 

 

2017104135215.jpgただ、マグネシウムは軽量の反面、錆び易いという厄介な特徴もあります。

当社としては、そのへんを克服する為、いろいろ試行錯誤してきました。

 

まずは鋳造後すぐに防錆処理。そしてより錆びにくくする為、強力な皮膜を得られるパウダーコーティング(粉体塗装)を施します。

パウダーコーティングは公園のベンチなどの塗装に使われるなど、耐候性にすぐれた塗装です。

パウダー(粉)状の塗料を静電気で密着させて、180度で20分焼きつけることで厚い皮膜が得られます

 

 

マグネシウム用に取り入れたパウダーコーティングですが、アルミにも有効な為、現在では樹脂製

のキャスパーハンドル以外はみなこの塗装法になっています。

201710414218.jpg

ちなみに今回のEMGハンドル、お客さまの要望で特別にバスレリーフが付いています。

"BASARA"スイッシャー

201792817342.jpg当社のバサラスイッシャー。

ウッド製で腹を横に向けて浮かぶ、インジャードミノータイプ です。

昔、地方のプロショップに納品したところ、フックが変なところに付いているといわれ 全部返品されたことが懐かしく思い浮かばれます。              

ペラはボス付きのヒネリペラ。 昔バルサファイブオーのペラを作っていた工場で作っています。                                            

 

                                                                                                         

2017928174920.jpg

ダブルスイッシャーのペラは前と後ろヒネリが違うものが付いています。

これによってボディーが回ることなく泳ぎ、糸よれも無くリトリーブできます

25年間変わらない、トラディショナルな形のスイッシャーですが、ランカーキラーとして、根強い人気があります。                                                                                                                                                                                   

201792818214.JPG

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                               

マイボート処分中

2017828141621.JPG今年いっぱいで現ショールーム&工房を引っ越すことになりました。

新ショールームは川口駅から徒歩3~4分の便利な所になります。

ただ駅前だけに必然的に今よりも狭くなってしまいます

 

それに伴って、車庫にあるマイボートを処分することにしました。

ほとんどがあまり乗っていなかった船達。

残念ですが置き場所が無くなってしまう為、やむなくの処分となります。

 

現在はシーニンフのジョンボートJD-14をヤフオクで出品中。

14フィートのジョンは希少で人気があるようで結構な入札があります。

次はバストラッカー、ホビーカヤックと出品予定です。

バストラッッカーは一人乗りのバンタムⅠ.

2017828142611.JPG二枚目の画像の左側の船です。

昔、バスプロショップのこの広告を見てずっと欲しかったものです。

 

ホビーカヤックは足踏み式推進力のスポーツ、人気カラーのオリーブ。

これも一人乗りです。

ヤフオクで売れなかったら、その時はなんとか保管場所を捜すつもりなので

どうあっても処分、処分というわけではありません。

トーナメントシャツ

2017614153813.jpg今年のトーナメントシャツが出来上がってきました。

バスオブジャパンのトーナメント用にオターズバスマスタークラブ限定で作ったシャツです。

表は各自のスポンサー名などを入れていますが、私の場合はもちろんグラスアイのロゴマークを入れました。

それも真ん中にドカーンと。

背中にはオターズの名の由来カワウソが、バスをくわえて真ん中に大きく入っています。

 

私が所属するオターズバスマスタークラブは今年で設立38年。

アメリカB,A,S,S,のチャプタークラブにも同年に加入の老舗クラブです。

2017614155110.JPG昔はマッディーのオターズといわれて、牛久や亀山、神流湖など透明度が良くない場所で強かったたクラブでした。

ところが近年、どこの場所でも他クラブの後塵を拝しています。

というのも会長である私の不甲斐なさが、大きな原因です。

今、主流(?)の3ポンドラインで水深8メートルを狙う釣りができません、

といってパートナーを無視でトップオンリーというわけにはいかず。

ついついトーナメントから足が遠のいてしまっているのです。

これではクラブの意気が上がらないのも当然です。

なわけで他のメンバーには大変申し訳なく思っている今日この頃なのです。

 

そんな会長のクラブですが、一緒にやりたいという方いましたら、バスオブジャパンに加盟してオターズに入会ください。

http://www.japanbassnation.com/joinus.html

ベルツノガエル レプリカ

2017621145235.jpgレプリカカテゴリーにフロッグレプリカコーナーを新設しました。

第一弾はベルツノガエルをアップしました。

動いているものなら何でも口にいれてしまうことから通称パックマンともいわれている可愛いカエルです。

全長14cmというLサイズ、立派な固体です。

通常のカラーはグリーンですが稀に赤ベルと呼ばれる赤い固体のものもあらわれます。

又、フィッシュレプリカコーナーにはコロソマピーコックバスを追加しました。

レプリカはまだまだアップしますよ。

20176211554.jpg

 

 

 

 

半世紀前のバストーナメント

20176116262.jpgのサムネイル画像ちょうど50年前の今日、バスフィッシングの歴史を大きく変える出来事がありました。

1967年6月5日、アーカンソン州のビーバーレイクで全米初のバストーナメントが行われました。

オールアメリカンインビテーショナル・バストーナメントと銘うたれたこの大会

主催者は保険のセールスマンだったレイスコットでした。

彼はテレビで観たバスケットボールの試合をヒントにバス釣りのトーナメントを思いついたといいます。

エントリーフィーが$100という高額だったにも関わらず、全米13州より106名があつまりました。

 

201761162634.jpgのサムネイル画像6月5日~7日に行われた大会でしたが、

スタンスタローンが優勝。のちのスーパースター、メンフィスバスマンのビルダンスが3位となりました。

大会は大成功に終わり、レイスコットはすぐさま保険会社を退職、翌年B,A,S,S,

(バスアングラースポーツマンズソシエティー)を設立。

その後のBASSの躍進はいわずもがなです。

 

現在60万人以上の会員数を誇るBASSですが

一人のセールスマンがモーテルで観ていたバスケットボールの試合から始まったとは

なんともアメリカンドリームな話です。

 

 

201765155553.jpg

 

 

ウッドガングリップにウォールナット追加

2017530135053.jpgいままでチーク素材だけだったウッドガンにウォールナットが追加されました。

チークの淡いブラウンに比べ、濃いブラウンが特徴です。

ともに銘木といわれているだけに格調ある風合いです。

とくに使い込めば使い込むほど良い色合いになります。

水にも強いのでこれといった注意点はありませんが、濡れたら

乾燥させてチークオイルを塗布すれば、新品同様の状態を保ち続け、

より長持します。 ウッドガン チーク&ウォールナット

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム