ホーム>GLASSEYE BLOG>2016年4月

2016年4月

アルミハンドル粉体塗装(パウダーコーティング)

2016426183444.JPG

今回は当社が採用している塗装方法”パウダーコーティング”を紹介します。

当社のアルミハンドルはアルミ素材自体が錆びにくい耐食アルミADC-5を使って成型してありますのでもともと錆びにくくなってます。

又、ガンメタやブラックなどアルミハンドルに上塗りする場合、、耐候ポリエステル塗料という塗料を使っているので、塗膜強度、耐摩耗、防錆性などが大幅アップしました。

耐候ポリエステル塗料は粉体塗料 というもので液体ではなく粉末のものです。

この粉末を静電気を使ってアルミの表面に密着させ、強力な塗膜を作るというのがパウダーコーティングの仕組みです。

上の画像がアメリカ製のパウダーコーティングマシン。

 

2016426184547.JPG

 

こちらがコーティングに使うパウダー(粉末)です。

今回はチャイナピンクで塗装します。

 

 

 

 

2016426183522.JPG

 

 

静電気を発生させる特殊なガンでパウダーを吹き付けます。

 

 

 

 

2016426183556.JPG

 

 

静電気でハンドルの表面にパウダーがビッシリ張り付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016426183640.JPG

 

そのまま乾燥炉に入れて180度で20分焼きます。

 

 

 

 

 

2016426183719.jpg

 

20分後、綺麗なツヤありのチャイナピンクに焼き上がりました

 

 

 

 

2016426184131.jpg

 

ちなみに今回のご注文、

コーデルラバーのネオングリーンを装着。

かなりカラフル。

 

 

 

2016426184632.JPG

こちらはガンメタのパウダーを使って

塗ったEMGマグネシウムハンドルです。

マグネシウムはアルミより錆びやすいので、特に塗料には気を使いますが

このパウダーコーティングで画期的に強い塗膜が得られました。

ハンドカーブグリップ 花梨の瘤

201642517593.JPG

ハンドカーブグリップ、いままでチーク、ウォールナット、ハワイアンコア、メープルなどで

作ってきましたが、今回は花梨で作ります。

先日左の画像の花梨材料を入手。

なかなかの杢が出ている銘木。

特に瘤といわれる杢の入った一級の花梨材です。

 

 

2016425175933.JPGなんとか3個分が取れました。

いつものように手彫りで成型。

ただ仕上げはいつものチークオイル仕上げではありません。

表面に木固めエースという塗料を浸透させます、浸透しなくなるまで塗っては磨きを繰り返すこと

5回。

すると表面数ミリまでがガチガチに硬化。水気にもろ強い木材に変身します。

しかしそれでいて木の風合いも残るという優れもの。今回はこれで仕上げてみました。

花梨瘤グリップページ

201642518036.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201642518036.JPG

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム