ホーム>GLASSEYE BLOG

GLASSEYE BLOG

B.A.S.S.グッズ コレクション

201611413500.JPG今回のB.A.S.S.(バスアングラースポーツマンソシエティー)グッズコレクション、

年代を考えるとビンテージのカテゴリーに入れるべきか悩みました。

しかしBASSが発足したのが1968年、今年で48年ということになると、

そろそろビンテージ品の領域に入れてもいいかも?とも思います。

 

それにしても、あっという間の48年でした。

BASSグッズはオールドルアーなどとは違い、リアルタイムで集めたものなのでことさら時代を感じます。

最初コレクションというつもりがなかったので、集めたというより、溜まってしまったというのが実感です。

しかし今後は、BASSグッズ専門のコレクターというのが出てくるかもしれません。

BASSグッズはマグカップやナイフなど他にも多種多用なものがあります。

集めるのだったら今がチャンスかもしれませんね。

 

ちなみに今回の画像もインスタグラムの当社サイトにアップされています。たまに覗いてみてください。

 

 

 

新年、仕事初め!

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

201614162710.jpg本日より仕事初めとなりました。

まずは昨年暮れにご注文いただいたロッドの製作。

まだスレッド巻きの段階です。

ナチュラルカラーのチューブラーグラスブランクに#519のメインスレッドでSICガイドを固定。

縁取りは#862を3巻き、最後に縁取りの糸の余分をカットします。

 

そしてここで使うのが髭剃り用の替え刃、

201614163243.jpgいろいろ試した結果、こいつがベスト。

スパッと切れて跡が綺麗。

糸の切れ目がささくれないのです。

ただ、一回使った場所はもう切れなくなっているので、

他の場所を使って切ることになります。

些細なことですが、仕上がりに違いが出ます。

 

 

オールインワンハンドル"カトラス"&トップスプーク-TS50ML

201512251111.jpg本日発送予定のトップスプークTS50MLとカトラスハンドルです。

トップスプークはご存知ソリッドのグラスロッド。

ご注文品は5フィートのML(ミディアムライト)でスレッドカラーがフクシアです

ハンドルはカトラスのダイアモンドパイソン革張りバージョンです。

又、今回ハンドルとロッド一緒にご注文でしたので、当社のウッドプラグを一個サービスしています

シングルスイッシャーのRHをお付けする予定です。

 

ここで残念なお知らせ、

実は今回ご注文いただいたカトラスが、販売できる最後の一本となりました。

なぜかというと、木型が紛失してしまい鋳造ができなくなってしまったのです。

当社他のハンドルは金型でダイカスト鋳造なのですが、このカトラスだけは、木型と砂での手込め鋳造でした。

鋳物の町、川口ならではの製品だったのです。

その木型が鋳造所の引越しのどさくさで行方知れずになってしまったのです。

 

20151225115717.jpg

 

左の画像は20年以上前に私が作ったハンドル木型。

現在は使ってないものですが、カトラスの木型も同じ方案で作ったものです。

ハンドルの中心線から割った木型が定盤の裏表に取り付けてあります、

これを砂で固め、木型を外した後の凹みに溶かしたアルミを流します、

一回アルミの湯を流すと二本成型できる二本込めの木型となっています。

 

 

 

オーダーロッド "トップスプーク" TS45UL

20151218164353.jpg今回オーダーいただいたロッドが完成間近。

トップスプーク(ソリッドグラス)のUL(ウルトラライト)4フィート半のブランクにゴールドのメタリックスレッド

、黒のインレイ巻きが施してあります

バットワインド(飾り巻き)の白黒がアクセントとなりキリリと締まったロッドになりました。

 

 

20151218164434.jpgウルトラライトとかなりベロベロの竿ですので、魚を掛けた後は相当面白いはずです。

ご注文いただいて今日でちょうど1週間。

仕上げのエポキシを後一回塗ったらできあがりまで、やっとこぎつけました。

ロッドビルディング用ヘッド金具

20151210143525.jpg

先日のブログで、ロッドビルディング用ヘッド金具を使って作るオールウッドハンドルを紹介しましたが今回はフジのグリップに埋め込んで作ってみました。

上が3本爪タイプ。

下のハンドルはデルリンタイプのヘッド金具を埋め込みます。

 

 

20151210143623.jpg

 

フジのハンドルのネジ部分をカット

ヘッド金具のシャフトを本体の穴の内径に合わせて加工し接着。

 

 

20151210143658.jpg

完成すると

だいたいこんな感じになります。

しばらく使っていますが、強度的には問題ありません。

ただ、あくまでも改造となるので自己責任でお願いします。

20151210143731.jpg

 

 

 

 

ビンテージ ヘドン アイスデコイ

2015124171126.JPG久々、当社所有のビンテージルアーの紹介、今回は100年前の貴重なルアー ヘドンアイスデコイです。

画像左のアイスデコイ、一見普通のプラグに見えますが、良く見るとフックが付いていないことがわかります。フックが無いのにどうやって魚を釣るのか?ふしぎです。

実はこのプラグ、通常のルアーフィッシングとは違ったスピアーフィッシング用のものなのです。

スピアーフィッシングとは、ルアーを使って魚をおびき寄せ、モリで突いてしまうという結構荒っぽい漁法です。この漁法、古くはネイティブアメリカンから伝わったことで知られていますが、主に凍結した湖の穴釣りで使うことから、アイスデコイと呼ばれています。現在のアイスジグのように水面から垂直に降ろして提灯釣りのように使います

 

2015124171220.JPG特に五大湖周辺ではスピアーフィッシングの人気があった為、各ルアーメーカーは、通常のプラグほどではないものの必ずフィッシングデコイをラインアップしました。

ヘドン社もご多分に漏れずに作ったのが、このアイスデコイでした。

この画像のものは1916年に作られたファーストモデルです。

蝙蝠の羽根に似ていることから後年バットウイングとよばれた真鍮製のフィンとウッドのテールが特徴です。

ウイングは可動式で広げることで泳ぎ方を変えることができました。

 

2015124171339.JPGしかしコスト面からかすぐに固定式のフィンに変わり、又折れやすかったウッドのテールも金属製にとって代わりました。

そんな訳で、バットウイング&ウッドテールのアイスデコイは数年しか作られず、非常に希少なものとなってしまったわけです

オールウッドハンドル自作#2

20151120101614.JPG今回のオールウッドハンドルの自作ですが、ウォールナット材を使って作ってみます。

通常ですと図面を書いてから始めますが、今回アルミパイプ用の穴開けから始めます。

というのも木材の目に沿って穴を開けるのは結構難しいからです。

立派なボール盤があったとしても15Φの径の穴を20cm以上の深さに開けるのは大変です。

画像のように板を万力に挟んで木工用のドリルで作業すればボール盤はいりません。

いっぺんに開けようとせず、最初は12Φぐらいで開けてその後15Φを通せば楽に開きます。

 

 

20151120101712.JPG

ただ、手作業で開けた穴ですから厳密にいえば真っ直ぐには開いていません。

その為、原図を描くのが後なのです。

微妙にずれた穴を基準にして原図を描きます。

事前につくっておいた型紙を当ててトレースします。

 

 

 

20151120101742.JPG

トレースした線にそって帯ノコで切り取ります。

帯ノコがなければ、少し手間ですが手ノコで切り出します。

 

 

 

 

 

20151120104249.JPG

 

横方向が切り出せました。

 

 

 

 

 

20151120104737.JPG

 

続いて縦方向の切り出し。

 

 

 

 

 

20151120104814.JPG

 

この時点でリールの乗るシート部分を加工します。

 

 

 

 

 

20151120104946.JPG

あとはひたすら小刀や彫刻刃で削る作業です。

 

 

 

 

 

 

20151120105016.JPG

刃物のあとはペーパー掛け作業、

#100ぐらいから#240、最後は#400ぐらい

手をかければかけるほど、綺麗になります。

 

 

 

 

20151120105449.JPG

 

後は部品を組み込む作業となります。

エポキシ接着剤でアルミパイプ等を接着します。

 

 

 

 

20151120105044.JPG

 

アルミパイプを本体に接着したところで、ついでに本体にチークオイルを塗布。

ウォールナットの木目が鮮やか、美しい表面が出現しました

 

 

 

 

20151120123445.jpg

画像上がメープル(カエデ)材、下が今回制作したウォールナットオールウッドハンドル、セミダブル。

ヘッドもウッドにすると趣も変わります。

アルミパイプが半分以上貫通していますので強度的にも安心、

ロッド着脱方法が3本爪ですが、部品を変えればデルリン用も作れます。

 

昨日告知したオールウッドハンドルのキットですが、ご要望があれば半加工(貫通穴、シート部、ヘッド部)のウッド本体に

ヘッド金具、3本爪、アルミヘッド、シートネジ、などの部品を付属で販売予定です。

又、今回作ったハンドルそのものも販売しています、ウォールナットオールウッドハンドルセミダブル

よろしくお願いします

 

 

オールウッドハンドル自作#1

2015111918513.JPG 当社カスタムハンドルのオールウッドハンドルは、左の画像の部品の組み合わせで  

できています。

部品だけ購入して、ウッド部分は自分で作ってみたいという方のために今回は自作用のマニュアル

を#1、#2、にわたってご紹介します。

 

2015111918520.JPG

まず最初に完成画像、だいたいこんな感じに出来上がります。

もっとかっこ良いシェープに削れるという方もいらっしゃるかとは思いますが、

まずは見本としてご覧ください。

 

20151119185234.JPG今回好評でしたら、難しい部分はこちらで加工したキットも販売しようかと思っています。

ウッド部分を、ご自分の手に合わせて好きな形に削るだけとなっているキットです。

ライトアーマー乗ってきました。

昨日は地域の防災訓練日でした。

地震や津波で建物が倒壊、インフラも壊滅した場合をそうていしての訓練。

特に当社のある川口市は荒川の流域の為、洪水等の災害も予想されます。

そんなときの為、数ヶ月前から給水装置の組み立て、簡易トイレの設営、手作担架やケガの応急処置などを学んきました。

そしてその訓練の本番が昨日市内小学校の校庭で大々的に行われたというわけです。

私の担当は消火器の取り扱いだったので、初期消火の説明から器具の取り扱いなどを市民の皆さんと共に実践しました。

消火器は結構使ったことが無い人が多く、かなり有意義な訓練だったと思います。

 

そんな消化訓練場の隣に鎮座してたのが自衛隊の装甲車。

一緒に参加していた消防署や水道局の車両など及びもしない異彩を放っていました。

 

201511215324.JPG軽装甲機動車

略称:LAV

愛称:ライトアーマー

[乗員]4人 [空車重量]約4.5t

[全長]4.4m [全幅]2.04m [全高]1.85m

[最高速度]100km/h [

開発:]防衛庁技術研究本部

2015112153232.JPG[製作]小松製作所

主として普通科部隊などに装備し、戦略機動および戦場機動などに使用される。 固有の搭載火器はないが、普通科部隊などが装備する、 5.56mm機関銃の車載射撃および軽対戦車誘導弾の車上射撃が可能である。

 

 

 

 

車両の説明書きでは、おもに紛争地向けのように書かれていますが、災害地でも活躍されているとのことでした。

1両3000万円。ヘビーデューティーで無骨な車体には製造畑の私も魅了されてしまいました。

運転席にも座らせてもらいましたが、なんとオートマ車。

最高速度も100km以上とのこと。

大宮の駐屯地から高速道路を飛ばしてきたとのこと、こんなのに煽られたらさぞかし怖いことでしょうね。

 

 

パイソンレザーグリップ製作

2015102914510.jpg本日パイソンレザーのご注文がありました。

本当は在庫しておかなければいけないのですが、なにしろ商品数が半端無し!

大抵は注文を受けてからの製作となってしまいます。

 

まずは3mのパイソン革からグリップ分を一枚切り出し。

 

 

2015102914546.jpg革の端ぐるりとポンチで穴を開けます

硬質ウレタンで成型した芯材に仮止め接着します。

 

 

 

 

 

2015102914617.jpgレザークラフト用の針と皮の紐を使ってダブルクロスステッチ

でパーツを縫い付けていきます。

 

 

 

 

 

2015102914758.jpgパイソングリップが完成

グリップのみのも販売もしています。

パイソン革は耐久性に優れていますが、肌触りも良いのが特徴です。

又、一頭一頭模様が違うので、二つと同じもの無いのも魅力です。

 

 

2015102914831.jpgエルゴノハンドルに付けるとこんな感じです。

ダブルクロスステッチの革紐は滑り止めにもなっています。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム