ホーム>GLASSEYE BLOG>Today's Work Report

Today's Work Report

今日の仕事

20206216222.JPG新型コロナウイルス、少し収まってきた感があります。

これから気温が上がって紫外線が強くなれば、コロナに対して少しアドバンテージが上がるらしい。

医療現場は大変だと思いますが、少し余裕がある間に次の波に備えてもらいたいものです。

 

そんな中での今日の仕事。

シュープリームハンドルマグネシウムハンドルの製作。それとウッドガンの削り出しもあります。結構面倒な作業なのですが、世間では仕事をしたくてもできない方達がいらっしゃる中、ありがたいことです。

 

ロッド製作(エポキシコーティング法)

ロッドビルディングの醍醐味、エポキシコーティング方法の紹介です。

先ず、ブランクにスレッドでガイドを付けた状態のロッドを用意して下さい

2020413143640.jpg

最初はエポキシの混合から。

まず青の主剤を0.99g、

慎重に量ります

 

 

 

 

 

 

2020413142638.jpg

次に赤の硬化剤を0.81g。

通常エポキシの混合比は1:1ですが比重が違うので、当社では1:0.82でやってます。

注射器やカップの目盛りを目視で量るのは硬化不良の原因です。

 

 

 

 

 

2020413142747.JPG

計量の後は撹拌。

3分間わき目も振らずに混ぜます、

ガリガリ君などアイスの柄が効率いいです。

3分撹拌後、1分間熟成させます

*スレッドの種類によってシンナーを入れることもあります。

 

 

 

 

202041314295.JPG

 

 

その後モーターでロッドを回しなが筆を使ってコーティング。

ガイドの付け根には注意深くエポキシを流し込んで下さい。

 

 

 

 

 

 

2020413142949.JPG

 

強烈に撹拌したエポキシはエアーを巻き込んで白濁しています。

最後にアルコールランプで炙ってエアーを飛ばし透明にします。

 

炙り方が悪いとエポキシが焦げてしまい、お釈迦になってしまうので注意が必要。

 

 

 

 

2020413143251.JPG

 

 

アルコールランプの作業をやりたくなかったらエアーを巻き込まない撹拌器もあります。

 

 

 

 

 

 

202041314311.JPGそして、室温25度でゆっくり回転させながら7時間かけてエポキシを硬化させます。

 

以上の作業を4~5回繰り返してロッドが完成となります。

ざっと説明してみました。コロナで在宅してる方、よかったらやってみてください。

新春2020年 初荷出荷!!

2020年、明けましておめでとうございます!

と、遅めのお正月の挨拶ですが、早5日が過ぎて本日仕事初めです。

昨年暮れから取り掛かっていたロッドとハンドルを午前中に仕上げて、本日初荷出荷いたしました。

ハンドルを含めて107cm、約3.5フィートの超ショートロッドです。

ブランクはウルトラライトのソリッドグラス。コードネーム"Top-Spook" TS35ULです。

202016172318.jpg

 

-ブランクのカラーはライムグリーン、スレッドはメインが#361のピンク、インレイが#434ブルーと明るめの華やかなロッドとなりました。

202016172426.jpg

 

 

 

202016173129.jpg

 

 

 

 

 

 

ハンドルはエルゴノハンドルのチャイナピンク。

グリップ部はスーパーショートのスカルグリップとなってます。

202016173436.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、ロッドとハンドル一緒のご注文の際にはウッドプラグがおまけになります。今回はホワイトスポットのミッジペンシルがサービスされました。ぜひこの機会によろしくお願いします。

20201617475.jpg

 

 

 

 

パックマン・ブランク完成

20191213162627.JPG数本ですがパックマンのブランクが完成しました。

ジルコニアのガイドはアメリカより到着しているので。バットフェルールを付けてスレッドを巻けば完成です。

サイトからご注文可能になってますので、よろしくお願いします。

20191213163619.jpg

ハンドカーブ、ウォールナット&メープル

ハンドカーブグリップ、久々にウォールナット(クルミ)を製作しました。

いつものようにブロック材に13mmの径で90mmの深さの穴を開けてから削りだしていきます。

濃い色がウォールナット。白っぽい方がメープル材です

201992616425.jpg一つだけ作るのは効率が悪いので、今回は一緒にメープルも作りました

細かな製作過程は以前のブログに載ってるのでこちらを参照下さい。

その時の素材で1本1本木目が違い、色も違います。又形状もまったく同じには削れません。

 

 

そして完成したのがこちら。チークオイルを塗ると味が出ますね。

201992616490.jpg

ソリッドグラスロッド TS45UL ネオングリーン

2019819133648.jpgソリッドグラス製トップスプークTS45ULを作りました。

同じもの2本のご注文だったのですが、全く同じに作るのも結構大変でした。

ガイド位置はもちろん同じですが、バットワインドや文字の位置など微妙に違います。

1本1本、手作りなので数ミリ単位ぐらいの違いが出てしまいます。

又、スペックは手画きなので絶対といっていいほど同じには書けないのです。

でもそこは唯一世界で1本だけのロッドということでご容赦ください。

2019819141439.jpg

2019819141311.jpg

パックマン(BF仕様)できました!

永らく欠品してましたパックマンのバットフェルール仕様ができました。

当社ハンドルどれでも装着可能、仕舞い寸法38cmは旅行にも携行し易いサイズです。

パックマンロッドとハンドルを一緒にご注文で、オリジナルウッドプラグがサービスです。

 

2019418111715.jpg

*注:画像のハンドルはシュープリームハンドルのスーパーショートです。パックマンは通常のシングルハンドル装着で5フィートの長さになります

 

201941715447.jpg

 

 

 

Newハンマード・カラー

2019625163834.jpgハンドルにニューカラー”ハンマードシルバー”を追加しました。

ハンマードは表面をハンマーで叩いたような凹凸が特徴の塗装です。

そして塗装沿方法はもちろんパウダーコーティング。

塗料は液体ではなくパウダー(粉体)を使っています。

粉体塗装は一度の塗装で150ミクロンの塗膜(液体溶剤の4~5倍の厚み)が得られます。さらに塗膜自体の強度が極めて高いため、キズがつきにくく、耐熱性・耐油性にも優れています。その為、ガードレール、スチール家具など、過酷な使用状況を予想される製品に多く利用されています。

エルゴノハンドル、ハンマードシルバー

パウダーコーティング

本日はアルミハンドルとマグネシウムハンドルにパウダーコーティング(粉体塗装)を施しました。

カラーはフロッグスキン、緑ベースのいい色です。

 

フロッグスキンの粉末を静電気でアルミ表面に貼り付け、窯にいれて180度で20分焼付けます。

201932017433.JPG2019320174341.JPG2019322151254.JPG

粉体塗装は一度の塗装で150ミクロンの塗膜(液体溶剤の4~5倍の厚み)が得られます。さらに塗膜自体の強度が極めて高いため、キズがつきにくく、耐熱性・耐油性にも優れています。その為、ガードレール、スチール家具など、過酷な使用状況を予想される製品に多く利用されています。

オーダーロッド2種

201931215159.JPG

本日出荷分のロッド2本

共にチューブラーグラスBF50ML

別々のご注文ですが

スレッドの色だけ違う仕様でご友人同士だとか。

 

 

 

 

 

201931215239.JPGブランクはブラックですが、スレッドが真反対色。

こうやって一緒に画像に収まるといい感じです。

きっといつも一緒に釣に行っているんでしょうね。

 

ロッドも共に、末永く使ってやってください。

 

 

 

 

2019312151211.JPG

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム