ホーム>GLASSEYE BLOG>VINTAGE

VINTAGE

ビンテージ5000C、デッドストック。

ビンテージコーナーにABUアンバサダー5000Cと5500Cをアップしました、

1978年と1980年製のリールにしてはコンディションは最高です。

特に5000Cは未使用のデッドストックです。

2020318174728.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

5500Cも、かすかなキズがあるだけの極上品です。

2020318174956.jpg

アムコ タックルタワー

今回のビンテージ品紹介は、アムコタックルボックス。

ではありません。

タックルタワーというアムコの販促品、

ディーラーのショールームとかにあった陳列用の台座といったらいいのでしょうか。

2020122163642.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アムコのアルミタックルBOXのアルミ板で作られた展示台、表面はBOXと同じエンボス加工がされてます。

タックルBOXを展示してみたのが下の画像

2020122164212.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかいいディスプレーになります。

旧店舗ではこうして飾って置いてあったのですが、新店舗になったら

とても置く場所がなくなってしまいました。

倉庫も足の踏み場がないまま。そんなわけで近々処分の予定。

久々にヤフオクにでも出してみようかと思ってます。

202012216474.jpg

ウルトラライト用スピニング

2018915172549.jpgビンテージタックルコーナーにウルトラライトの両雄、ミッチェル408とカーディナル33をアップ。

共にコンディションはすこぶる良い個体です。

115年前のプラグ

20189514535.jpg本日もビンテージルアーをアップしました。

今回は1903年製のシェークスピア、レボリューション。ビンテージ中のビンテージ品です。

 

1903年というと今から115年も前。

中空のアルミボディーにテールスピナーという当時の最先端を行くトップウォータープラグでした。

画期的な構造だったことからレボリューション(革命)と名付けられました。

一世紀を経てもまったく古さを感じさせない、というか現代でも充分通用するトップウォータープラグです。

一緒に写っているのは兄弟ルアーのバックテールスピナー。こちらも同年代製のビンテージ品です。

ビンテージ ルミナスタンデムスピナー

久々ビンテージコーナー 今回はルアー編。

フルーガー・ルミナスタンデムスピナーです。

このルアー、100年も前から作られなしたが、今でもすごく釣れそう、そして美しい。

フルーガーのトレードマーク、ブルドックの刻印入りのスピナーが2つ

その裏側は蛍光色が塗られています。

ディスプレースタンドの印刷も最高!使わずに置いておくだけでも嬉しいルアーです。

201883015244.JPG

My collection

新店舗にウッドルアー(ヘドン)とプラスチックルアーをディスプレーしました。

201852317132.JPG2018523171341.JPG

ラパラ リミテッドエディション

2017121216324.JPG

今回のビンテージ品はラパラ・リミテッドエディションとラパラ・レジェンド共に金黒のミノーが額装された洒落た壁掛けです。

ラパラといえば世界中誰もが知っているルアーです。

貧乏だったラウリ・ラパラが生活の為に考案したコルクに銀紙を巻いたルアーが始まりでした。

非凡な才能があったとはいえ、ヘルシンキオリンピックの開催。又、マリリンモンローが表紙になった号のLIFE誌で特集されるなどラッキーも重なり、息子達と始めたファミリービジネスが、やがて世界を席巻するというサクセスストーリーは心を躍らせられます。

20171212162939.JPG2017121216309.JPG20171212163047.JPGこのノーザンパイク画の額は、来年新ショールームができたら飾ろうと思っています。

今から楽しみです。

半世紀前のバストーナメント

20176116262.jpgのサムネイル画像ちょうど50年前の今日、バスフィッシングの歴史を大きく変える出来事がありました。

1967年6月5日、アーカンソン州のビーバーレイクで全米初のバストーナメントが行われました。

オールアメリカンインビテーショナル・バストーナメントと銘うたれたこの大会

主催者は保険のセールスマンだったレイスコットでした。

彼はテレビで観たバスケットボールの試合をヒントにバス釣りのトーナメントを思いついたといいます。

エントリーフィーが$100という高額だったにも関わらず、全米13州より106名があつまりました。

 

201761162634.jpgのサムネイル画像6月5日~7日に行われた大会でしたが、

スタンスタローンが優勝。のちのスーパースター、メンフィスバスマンのビルダンスが3位となりました。

大会は大成功に終わり、レイスコットはすぐさま保険会社を退職、翌年B,A,S,S,

(バスアングラースポーツマンズソシエティー)を設立。

その後のBASSの躍進はいわずもがなです。

 

現在60万人以上の会員数を誇るBASSですが

一人のセールスマンがモーテルで観ていたバスケットボールの試合から始まったとは

なんともアメリカンドリームな話です。

 

 

201765155553.jpg

 

 

ビンテージな日々

201698134245.jpg

ビンテージのコーナー、いつもはグッズですが、今回は懐かしい写真です。

古い写真を整理していたら見つかったものです。

1994年モンタナ州でのウエスタンデビジョン、チームトーナメント出場のバスオブジャパンチーム。

このチーム戦、22年前のことですが、鮮明に覚えています。

私もその一人ですが、これで人生変わってしまった方多いです。

アメリカに憧れて移住してしまったTさん、お元気でしょうか?

B.A.S.S.グッズ コレクション

201611413500.JPG今回のB.A.S.S.(バスアングラースポーツマンソシエティー)グッズコレクション、

年代を考えるとビンテージのカテゴリーに入れるべきか悩みました。

しかしBASSが発足したのが1968年、今年で48年ということになると、

そろそろビンテージ品の領域に入れてもいいかも?とも思います。

 

それにしても、あっという間の48年でした。

BASSグッズはオールドルアーなどとは違い、リアルタイムで集めたものなのでことさら時代を感じます。

最初コレクションというつもりがなかったので、集めたというより、溜まってしまったというのが実感です。

しかし今後は、BASSグッズ専門のコレクターというのが出てくるかもしれません。

BASSグッズはマグカップやナイフなど他にも多種多用なものがあります。

集めるのだったら今がチャンスかもしれませんね。

 

ちなみに今回の画像もインスタグラムの当社サイトにアップされています。たまに覗いてみてください。

 

 

 

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム