ホーム>GLASSEYE BLOG>VINTAGE

VINTAGE

ビンテージな日々

201698134245.jpg

ビンテージのコーナー、いつもはグッズですが、今回は懐かしい写真です。

古い写真を整理していたら見つかったものです。

1994年モンタナ州でのウエスタンデビジョン、チームトーナメント出場のバスオブジャパンチーム。

このチーム戦、22年前のことですが、鮮明に覚えています。

私もその一人ですが、これで人生変わってしまった方多いです。

アメリカに憧れて移住してしまったTさん、お元気でしょうか?

B.A.S.S.グッズ コレクション

201611413500.JPG今回のB.A.S.S.(バスアングラースポーツマンソシエティー)グッズコレクション、

年代を考えるとビンテージのカテゴリーに入れるべきか悩みました。

しかしBASSが発足したのが1968年、今年で48年ということになると、

そろそろビンテージ品の領域に入れてもいいかも?とも思います。

 

それにしても、あっという間の48年でした。

BASSグッズはオールドルアーなどとは違い、リアルタイムで集めたものなのでことさら時代を感じます。

最初コレクションというつもりがなかったので、集めたというより、溜まってしまったというのが実感です。

しかし今後は、BASSグッズ専門のコレクターというのが出てくるかもしれません。

BASSグッズはマグカップやナイフなど他にも多種多用なものがあります。

集めるのだったら今がチャンスかもしれませんね。

 

ちなみに今回の画像もインスタグラムの当社サイトにアップされています。たまに覗いてみてください。

 

 

 

ビンテージ ヘドン アイスデコイ

2015124171126.JPG久々、当社所有のビンテージルアーの紹介、今回は100年前の貴重なルアー ヘドンアイスデコイです。

画像左のアイスデコイ、一見普通のプラグに見えますが、良く見るとフックが付いていないことがわかります。フックが無いのにどうやって魚を釣るのか?ふしぎです。

実はこのプラグ、通常のルアーフィッシングとは違ったスピアーフィッシング用のものなのです。

スピアーフィッシングとは、ルアーを使って魚をおびき寄せ、モリで突いてしまうという結構荒っぽい漁法です。この漁法、古くはネイティブアメリカンから伝わったことで知られていますが、主に凍結した湖の穴釣りで使うことから、アイスデコイと呼ばれています。現在のアイスジグのように水面から垂直に降ろして提灯釣りのように使います

 

2015124171220.JPG特に五大湖周辺ではスピアーフィッシングの人気があった為、各ルアーメーカーは、通常のプラグほどではないものの必ずフィッシングデコイをラインアップしました。

ヘドン社もご多分に漏れずに作ったのが、このアイスデコイでした。

この画像のものは1916年に作られたファーストモデルです。

蝙蝠の羽根に似ていることから後年バットウイングとよばれた真鍮製のフィンとウッドのテールが特徴です。

ウイングは可動式で広げることで泳ぎ方を変えることができました。

 

2015124171339.JPGしかしコスト面からかすぐに固定式のフィンに変わり、又折れやすかったウッドのテールも金属製にとって代わりました。

そんな訳で、バットウイング&ウッドテールのアイスデコイは数年しか作られず、非常に希少なものとなってしまったわけです

ヴィンテージと矛盾。

先日弊社グラスアイ・オンラインストアーにラインナップされたグッドコンディションなヴィンテージ達。結構無くなってきています。

本日はABUカーディナル44 シリアル#730600

ヒネリ付きハンドルノブ、小径プッシュノブの初期モデル

コレクションにも使用にも最適なヴィンテージ品です。

コンディション-EX~NM

2015212123224.jpg

自分で出しといて何を言ってるんだ、なんて言われちゃいそうですが、いざ買い手様が見つかると惜しくなる矛盾。

やはり良い品が旅立って行くとなると少し寂びしい気もします。

2015212123321.jpg 2015212123440.jpg

201521212368.jpg

良い物って眺めてるだけでも良いんですよね。この深いグリーンやクレストマーク、やっぱり最高です。

何年も愛され続けるプロダクトって単純に凄い。

もちろんウチはヴィンテージにならないように、まだまだ頑張ります。

 

オチはイマイチ?な、お別れ前の記念撮影的な本日のブログでした。

 

良い品まだまだあります、オンラインストアーのヴィンテージはこちらです

 

ビンテージ ABUアンバサダー4500D

20141226155448.JPG

ビンテージ タックルコーナーにABUカーディナルとアンバサダーをアップしました。お買い得な価格設定ですのでぜひご覧ください。

ところで左の画像のリールなんだかお分かりでしょうか?これはアンバサダー4500Dです.。ダイレクトモデルでは5000Dや5500Dが知られていますが、こちらはナロースプールの4500Dです。

昨今のABU、リバイバルだか復刻だかといって一見、昔のモデルと見まがうようなものまで作っています。この4500Dもそっくりなものが復刻されたようですが、こちらのものは正真証明の本物です。 

 

 

 

20141226162544.JPG

4500Dは謎が多いリールです。

アラブの富豪用に数台のみ作られたとか誠しやかな噂をありますが、おそらく試作品だけ作って販売はしなかったのではないでしょうか。

何台プロトタイプが作られたかわかりませんが、この一台非常に貴重なものだと思います。

当社ショールームの片隅に鎮座してますのででひ、見に来てください。                                                                    

ヴィンテージ続々入荷。

2014122615292.jpg

年末、このタイミングですがVINTAGEの良いタマが入荷してきましたよ。どれもすぐに使える物ばかりでオンラインストア内のVINTAGEカテゴリに仲間入りです。

 

ABUリール         

20141226153758.JPG 2014122615392.JPG

5000赤/コンディション VerryGood                  5000C黒/コンディション Exellent

 

20141226154021.JPG   20141226154047.JPG

5600C通称 赤ベロ/コンディション Exellent           3500C/コンディション New In Box

 

ABUスピニングリール

2014122615467.JPG 20141226154639.JPG

カーディナル44/コンディション Exellent~NearMint     カ-ディナル33/コンディション New in Box(箱付き美品)

 

 

前回の記事でもご紹介したUMCOタックルボックス 

20141226155335.jpg

大小様々、悩みどころですね。。

 

どれも売り切れ御免の早いもの勝ちです!

 

 

 

 

 

ビンテージ アムコ UMCO P-8 Box

2014122517573.JPGアムコのBoxをビンテージコーナーにアップしました。

今回は弁当箱タイプの小型Boxばかりです。

お値段もお買い得なものばからなのでぜひ覗いてみてください。

そんな中、ちょっと高額ですが、P-8 Boxがあります。

P-9Boxは見慣れている方が多いと思いますが、P-8はP-9にくらべ

かなり大きめなBoxです。(左画像参照)

製造個数もP-9にくらべてかなり少なかったとみえて、なかなか市場には出てきません。

2014122518110.JPG今回も1個しかありませんので探していた方はお早めに。

ちなみにアムコ(UMCO)はUPPER MIDWEST MFG CO.の頭文字

をとってつけられたそうです。

最初、ミネソタのミネアポリスから始まった会社は、次にスプリングパークにそして

最後はウォータータウンに移転しました。

 

20141225181059.JPG左がスプリングパーク時代のプレート。

アルミのエンボス模様も古さを感じさせます。

 

 

 

 

 

20141225181145.JPGウォータータウン時代のプレート、洗練された

模様になっています。

その他時代によって部品なども微妙に違ってきます。

なかなかおくが深いです。

WWⅡモデル ジッターバグ

20141222184413.JPGのサムネイル画像

ビンテージコーナーにフレッドアーボガストジッターバグをアップ。

普通ジッターバグはアルミのリップが有名ですが、このタイプはプラスチックのリップとなっています。

第二次世界大戦(WWⅡ)中に作られた為、不足気味だったアルミのかわりにプラスチックが使われています。

 

 

20141222185628.JPGリグも簡素なものになっています。

画像左のリグはヒューズリグといわれている一番簡素なリグです。

さすがのアメリカでも資材不足がうかがえるルアーですが、戦争中でもルアーを作っていたことに驚かされます。

その頃の日本では考えられないことです。

 

 

ビンテージルアー クリークチャブ

2014121715276.jpg

ビンテージコーナーにクリークチャブルアーをアップしました。

クリークチャブはアメリカではヘドンとならんで人気のあるメーカーですが、日本ではあまり知られていないようです。

しかし、1932年ジョージペリーが釣った世界記録のバスは、クリークチャブ社(CCB,CO)のウイグルフィッシュというルアーで釣られました。その他マスキーやパイクの世界記録もパイキーというCCB、CO製のルアーで釣られています。

画像左タイニーティムという可愛いルアーもスモールマウスの記録を持っていたと記憶しています。

ビンテージルアー、まだまだたくさんあります、追々アップっするつもりですのでよろしくお願いします

 

 

ビンテージルアー ヘドン "ザラゴッサ" レアモデル

先日は、ヘドンザラゴッサから作られた”ハーディンズスター”を紹介しましたが、今回は本家本元ザラゴッサのレアモデルを紹介します

ザラゴッサは今から100年近く前の1922年に作られました。

名前はフロリダにあるザラゴッサストリートからきているといわれます。

道を女性が腰をくねらせ歩く様が、このルアーのアクションに似ているということで、なかなか粋なネーミングです。

 

現在、ザラゴッサはザラスプークと名を変え、素材もウッド製からプラスチックになってしまいました。

しかし、ザラゴッサのアクションやアピール度など優秀な遺伝子は確実にザラスプークに伝わりました。

ヘドン社は両者の世代交代を上手く、成し遂げたといえるでしょう。

いまでは、往年の名選手のようなザラゴッサですが、時を経ても大変人気があるルアーです。

特別思い入れがあるコレクターも多いと聞きます。

 

2014128165916.jpgそんなザラゴッサのなかでも珍しいものを紹介します。

まずは左の画像。下二つグリーンとレッドのものがブラントノーズ(Blant nose)ザラゴッサと呼ばれているレアモデルです。

上のフロッグスケールの通常のものと比べ、あきらかにノーズの角度が違います。

年代的にはザラゴッサの最初期のものがこれにあてはまります。

 

 

201412817047.jpg続いて二枚目の画像。

下がノーチンザラゴッサといわれる非常に珍しいモデルです。

文字通り、アゴ無し。

あごの部分がしゃくれたザラゴッサです。おさらく水面の滑りを意識して作られたと予想されますが、あまり良い効果が無かったようで短命でした。

短命イコール、製造個数が少ないということで希少価値の高いザラゴッサとなりました。

ちなみにノーチンはほとんどがブラントノーズ物。役が二つ付いてほとんど役満のレア物です。

最後がザラゴッサジュニア。

こちらは、希少も希少。おそらくはプロトタイプと思われます。もちろんカタログにも見当たりません。

前にラングスオークションで落札したものです。出所がヘドンファクトリーボードとのことでしたので、少々高かったのですが競り落としたものです。

 

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム